売上アップにつながる名刺の管理方法とは?

>

実はこんなに凄い名刺の効果

スタンダードなアナログ管理

まず名刺を管理すると聞いた時、アナタはどのような手法をイメージしますか?名刺ケースに入れる?または専用のファイルを作って名刺を並べるといった手法があります。この中でも最もポピュラーなのが名刺ホルダー、そしてノート方式です。名刺ホルダーは名刺を並べてバインダーに収納していく方法で、ノート方式はノートに名刺を貼っていく手法です。
封筒に関連する名刺を入れる封筒方式や名刺ボックス形式といった様々な方法があるのですが、どれも手動で行うのでシンプルでありながらやや手間がかかります。
結局どの名刺が入っているのか分からないと意味がありませんので、インデックスをつける、またはラベルを貼って、名刺のカテゴリ分けが必要になります。

ちょっとしたコツで便利になる?

アナログで名刺管理をするメリットは自由度です。例えばノート方式で管理している場合、名刺を頂いた日付や時間、打ち合わせの内容を簡単に記入しておくだけで次回、どのような方であったのかすぐに思い出せます。
また企業情報だけではなく、担当者個人の特徴や情報を書いておくと更に便利です。ちなみにアナログ管理の場合は溜め込んでしまうと途端に面倒な作業になってしまいますので、名刺を頂いた後に必ず情報を整理する、というちょっとした取り決めを決める必要があります。
また保管場所を決めておかないと管理の意味がありませんので、事前にルールや取り決めを作った上で管理を始めるとスムーズです。もちろん古い情報は不要なので、処分する事も重要です。


この記事をシェアする

トップへ