売上アップにつながる名刺の管理方法とは?

>

デジタルで楽々管理

使い勝手も様々なデジタル管理

ビジネスの場では必須ともいえる表計算ソフトですが、このソフトを使って名刺管理をしているところもあります。しかしこの方法は名刺情報を手動で入力していかなければならないのである意味アナログともいえます。また保存したデータをクラウドにアップロードすれば、PCはもちろんの事スマートフォンからもアクセス出来るので便利です。
続いてはスキャナ方式です。スキャナで取り込み、名刺管理ソフトで管理する方法です。この方法は管理枚数がとても多いのが特徴です。
そして注目を浴びているのがスマートフォンで専用アプリを入れる手法です。カメラアプリを使って撮影すると、自動的にスキャンしてくれるアプリもありますので、知識がなくても問題ありません。

デジタル管理での注意点とは?

どんなデータも消えてしまっては復元が難しいですし、専用の業者を呼ぶと高額な費用が発生します。そうならない為にもクラウドやサーバで管理する場合は、定期的にバックアップを取りましょう。
名刺はその企業やビジネスマンの財産ともいえます。またセキュリティに関しても気を付けなければなりません。暗号化やパスワードをかけるだけではなく、定期的に変更してセキュリティ向上に努めます。
うっかりデバイスを紛失してしまうなんてもってのほかですが、万が一に備えてマルチデバイスでのアクセス許可をしておくと良いでしょう。
検索性、入力や管理のしやすさから人気を得ているデジタル管理ですが、注意点も数多くあるので気をつけていきたいものです。


この記事をシェアする

トップへ